ベルマリアの節句は女の子ならひな壇、男の子なら兜の前で撮影を行います。

ベルマリア
桃の節句・端午の節句

桃の節句

桃の節句とは、女の子の厄除けと、健やかな成長を願う行事です。
桃の節句にはお雛さま(雛人形)を飾ります。
お雛さまは赤ちゃんの身に降りかかろうとする災厄を、代わりに引き受けてくれる守り神です。

端午の節句

端午の節句とは、男の子の健やかな成長を願う行事です。
奈良時代から続く古い行事で、端午というのは、もとは月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で、5月に限ったものではありませんでした。
しかし、午(ご)と五(ご)の音が同じなので、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日のことになったとも伝えられます。
端午の節句には五月人形を飾ります。
外飾りの鯉のぼりは出世を願い、内飾りの兜は無事な成長を願います。

撮影料金

撮影料金

衣装代は無料!
雛人形・カブトの前で撮影できます!

※写真代別途 6切台紙付6,000円(税別)